わきがの臭いは体質によって程度が異なりますが、自分のわきがの臭いレベルを知るにはどうしたら良いでしょうか?わきがの臭いは人から指摘してもらいにくいため、自分では臭いが軽度なのか中度なのか、または重度なのか分かりにくいかもしれません。

体質によって異なる臭いレベルを見分けて、気になるわきがに対処できるようにしましょう。

わきがの特徴と原因

わきがとは、脇の下から臭いが発せられる症状で、周りの人に不快感を与えてしまうことがあります。わきがは病気ではなく体質であるため心配することはないものの、やはり他の人の目も気になりますし、コミュニケーションが積極的にとれなくなるなど日常生活に支障をきたすこともあるでしょう。

わきがは脇の下にあるアポクリンという汗腺から臭いが発せられる症状です。つんとした酸っぱい臭いがし、通常の汗の臭いよりも強烈で周りの人も気が付くほどになるのが特徴になります。

アポクリン線から生じる分泌物自体に強烈な臭いはありませんが、アポクリン線からでる分泌物が脂肪分や汗と混ざり合い、肌の常在菌によって分解されるとわきが臭が発せられるのです。

臭いの元は、皮脂腺から分泌される皮脂やエクリン線から生じる汗も関係していますが、わきがの臭いの主な元となっているのはアポクリン線からでる分泌物になります。アポクリン線から出される脂質やアンモニアなどが細菌を増殖させてしまい、わきがの臭いの元になってしまうわけです。

わきがでも臭いのレベルが違う

同じわきがでも臭いのレベルには違いがあり、軽度の人もいれば中度の人、または重度の人もいることでしょう。わきがの臭いの元となるのはアポクリン線からの分泌物ですが、このアポクリン線は全ての人にある汗腺です。しかし、アポクリン線の量は人により異なり、その量が多いとわきがになったり、同じわきがでも臭いのレベルが重度になってしまうのです。

アポクリン線の量は遺伝によって決まると言われていて、親戚にわきがの人がいるなら、その分わきがになる確率も高くなると考えられています。しかし、遺伝以外にも生活習慣が大きく関係することもあり、体質や食生活、睡眠時間やストレスによってわきがが重度になることもあります。

もともとわきが体質でなくても、脂っこいものをいつも食べていたり、肥満体質であるなら臭い汗をかきやすくなるでしょう。ストレスもアポクリン線を刺激するので、汗が臭う原因になることもありますし、運動不足や睡眠不足で体の代謝機能が低下すると汗が臭うこともあるのです。

わきがの臭いレベルチェック

自分がわきがのときに、臭いのレベルをどのように知ることができるのでしょうか。まず軽度のわきがの場合は、人からは気が付かれないことが多いほどあまり臭いはしないでしょう。しかし、自分で脇を嗅いだとき、または衣服の脇の部分を嗅いだときに嫌な臭いがするでしょう。

中度のわきがの方は近くにいると臭いがするので、他の人からも気が付かれるレベルです。普段は重度のわきがでなくても、緊張などにより汗を大量にかくと重度のレベルと変わらないほどになります。

また、わきがの人はアポクリン線から出る汗にアンモニアやタンパク質、脂質が含まれているため、中度のわきがの人は衣服の脇の部分に黄ばみや茶色のシミがつくことがあるでしょう。

わきがが重度の場合は、着ていた服を洗濯した後も臭いが残りますし、本人が居た部屋に臭いが残るほど強烈な臭いがします。また、わきがの人は耳の中にあるアポクリン線の影響で耳垢が湿っているという特徴があります。重度の方は、定期的に耳の掃除をしても耳垢がしっとりと湿っているでしょう。

レベルに合わせたわきがの対処方法

わきがの対処方法として、手術やボトックス注射などが思いつくかもしれませんが、軽度のわきがであれば自分で対処することが可能でしょう。汗をかきやすい夏の時期は、汗取りシートを使ってこまめに汗を拭き取ったり、汗取りパットが付いているインナーを着用するなどして対処できます。

制汗スプレーを使用して汗を抑えたり、汗をかいた場合に着替えられるよう下着を持ち歩くこともできるでしょう。中度のわきがの場合は、同じく汗をこまめに拭き取ることに加え、デオドラントクリームやデオドラントソープを使用するのが効果的です。衣服もこまめに洗濯し、清潔に保つことを心がけましょう。

重度のわきがであれば、わきがを抑える強力なデオドラントを選んだり、医療機関を受診することを考えることができるでしょう。わきがのレベルがどのようなものであれ、自分の生活習慣を見直し、ストレスを軽減し脂っこい食べ物を控えたり、定期的に体をきれいに洗い清潔に保つことはわきが改善に役立ちます。

まとめ

わきがにも臭いのレベルがあるため、まずは自分のわきががどの程度なのか知ることが大切です。臭いのレベルに合わせた対処方法によって、気になるわきがの臭いを改善していきましょう。